新しいシステムも導入し滋賀県で営む倉庫業を通して物流イノベーションを起こす

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

滋賀の倉庫・琵琶倉庫株式会社のお客様の声

100年企業の伝統の維持と変化の両立の先にあるもの

滋賀の倉庫・琵琶倉庫株式会社のお客様の声

1906年に滋賀県で創業し、それから100年以上もの間なぜ企業が存続できたのか、その要因の一つとして変化を積極的に受け入れていったからといった要素が挙げられます。
時代が進むにつれて、物流サービスにおいて顧客に求められるニーズも変化してきます。その変化を無視して伝統保守のみで進んでいては、時代に求められなくなってしまうでしょう。伝統を守るために、時代に合わせた変化を奨励する、一見矛盾するこの二つが相乗効果を発揮することで、物流サービスを利用してくださる企業様に還元できるのではと考えています。


デジタルピッキングシステムの導入で在庫管理がより効率的に

紙媒体でお預かりしているお荷物を管理し、ピッキングする際も紙に記されたメモを頼りにする、古来続いてきたこの管理方法では、人の手で行う以上大なり小なりミスも発生し、何より時間がかかってしまいます。在庫の数量を逐一紙にメモし、そのメモを元に在庫総量を更新していくだけでも相当のお時間と人件費を必要とし、ピッキングミスを減らすのは一人ひとりの心がけにお任せする部分が大きくなってしまいます。
そこで、最新のITシステムである「デジタルピッキングシステム」を採用することで、より効率的かつ正確な在庫管理を実現いたしました。在庫数は全てデジタルで管理されているため、総量の計算などは全て関数に従ってシートに自動反映され、その時間と人件費が大幅に削減されることで、企業様もよりリーズナブルに物流サービスもお受けいただけます。さらに、ピッキング場所もデジタル端末ですぐに確認でき、より正確になりました。

企業様からお預かりした倉庫内の在庫数量を「見える化」

企業様側と物流サービス側で各々がお預かりしている在庫管理を行うと、その最新の在庫状態はどうしても物流サービス側が速いため、その情報共有にも時間差が発生してしまいます。何より、人の手による管理は大なり小なり在庫数の差異を発生させ、その差異の原因を両者の管理状況を照合させて見つける手間は大変な労力です。この辺りは、紙媒体で行っていた経理の苦労に近しいものがあり、それに伴うタイムロスト人件費は相当量になってしまうでしょう。
その在庫管理をインターネットを介して一元化してしまうことで、在庫管理の差異発生を抑止して、企業様側でもネットから即時最新の在庫数とお荷物の種類をご確認いただけるITシステムを導入いたしました。これが最近何かと話題の「見える化」であり、お預けいただいている在庫管理が迅速かつ時間差もなく正確に行われることで、企業様の取引がよりスムーズに行われるようにと考えています。

自社によるITシステムの構築で迅速にニーズに最適化させる

ITシステムを自社に導入する際、ITシステム開発専門の外部企業様に外注するのが一般的です。その分自社の経営に専念できる一方で、外注費用もかかり開発費用が大きくなるデメリットもあり、万が一の不具合や現状のサービスに合わせたシステムアップデートを行う際、逐一外注先に依頼するといった手間とお時間がかかってしまいます。
このデメリットを全てなくすため、活用しているITシステムは自社で製造する「エンドユーザーコンピューティング」という概念を採用しています。専門のエンジニアを自社で雇って新たな部門を創立することで、万が一の不具合やアップデートもエンドユーザー側である自社で迅速に対応できます。システムの不具合などは、それによって顧客にも多大なご迷惑をかけてしまうケースもあるため、この迅速な対応で取引している企業様がより快適に物流サービスにおけるITシステムをご活用いただけるよう尽力してまいりました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。